| Home | News | Release | Shop | PressRelease | Company | Contact |


■ 倉地久美夫 「 I heard the ground sing 」
ALBUM ( CD ) SFS-007 / 2003.09.30 / \2,700(tax in)
ご利用にあたって

昨年夏以来、NHK衛星及び地上波で大きな反響のもと何度も再放映された自作詩の朗読によるトーナメント戦「詩のボクシング」全国大会において優勝を果たし、話題を呼んだ倉地久美夫ですが、番組中でも紹介されましたが彼の本業はもちろんミュージシャン。なんと4年半ぶりのリリースで、4作目に当たる本作は、これぞ倉地音楽の決定版と言うべき作品に仕上がりました。あまりにも独創的なギター・ワークと詩世界、そして不可思議な多重録音のアイディアが夢幻的な世界へ誘い込みます。共演は10年来彼の音楽と関わり続けてきた盟友というべき二者、菊地成孔(sax)と外山明(drums)。菊地は近年ではデートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン及びスパンク・ハッピーのリーダーとして活躍、もちろん数多くのセッションでジャズ・サックス奏者としても認知が高い知性派。外山もアヴァン・ジャズ・ドラマーとして一目置かれる存在。特にティポグラフィカでの超絶的なプレイはジャズ界に衝撃をもたらしました。その三者が自身のプレイに絶対の自信を持ってレコーディングを終えたのが本作です。難解さを感じさせない世界に例を見ない堂々たる音世界は、時に大胆にドライヴし、時にユーモラスに、時を歪めなたことのない世界へ誘います。


1. 集え能古の島  2. 味噌がいっぱい  3. 市長選  4. 夏っちゃんブルー  5. 中央公園  6. La tierra Estaba cantando  7. あなたの風  8. 畳屋が来た  9. 曖昧な大宰府  10. 300,000,000粒ダム 

倉地久美夫(Vocal,Guitar,Piano,Pianica)
菊地成孔(Soprano Sax,Alto Sax)
外山明(Drums)



| Home | News | Release | Shop | PressRelease | Company | Contact |


メールはこちら